娘は4回処置入院をした。

娘の病歴・就労状況を公開します。
娘が精神障がいを疾患してから過程は奈落の底に転落しました。
宇都宮家裁判事は、処置入院等について全く無知に呆れました。
調停の段階では死んだら認めて遣るなどと言われ、誰も”嘘だろう”と信じないと
思いますが事実なのであります。
平成23年(家ホ)第20号 ・平成27年(家)第675号など徹底的に調査して下さい。
宇都宮家裁は絶対に協力はしないでしょう。
裁判資料等は全て保管してありますので関係機関は徹底的に調査して下さい。
相模原・障害者施設の入所者死傷事件の様な事件に成らなければ、振り向かないのでしょうか。
処置入院は社会に迷惑防止するための処置であり、適切に対応し、処置した父親に対して適切でないと宇都宮家裁は判決した。
さらに悪いことに妻は宗教・占い師・祈祷師からマインドコントロールされ
精神障がい者と同等の症状を呈するようになった。
家庭内の悪循環が始り、そして正直に答えた宇都宮家裁判事は処置入院等について全く無知であることが5年間の個人的調査でしる。
判決に不服であり、支払い命令に従わないから、預金等の財産は差押没収され、老後の生活資金もなく、預金通帳等は差し押さえられ社会経済活動が出来なく将来設計が出来ず、死ねと言っているのと同然である。
ダウンロード
理沙の病歴・就労状況報告書
処置入院を4回繰返す。父親は事件・事故を惹起させないために懸命に努力し、社会正義を果たした。
適切に対応した父親に対して宇都宮家裁は適切でないと判断・判決した。相模原・障害者施設の入所者死傷事件のような大きな事件を惹起しなければ、考え直しはない。自暴自棄に陥った。
病歴・就労1-4.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.1 MB

本人尋問調書(反訴被告)良子(PDF)

口頭弁論で寝室にナイフを準備し、栗原敏勝を2度切り付けたことを弁論した。

宇都宮家裁判事は曲解していると判決文で結論づけている。

 

ダウンロード
第7回口頭弁論表紙・本人尋問調書
第7回口頭弁論誓約書
本人尋問調書(反訴原告)敏勝001.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 6.9 MB
ダウンロード
第7回口頭弁論調書001.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB

成27年度裁判資料を公開リンク 徹底的に調べて下さい。

司法・法曹会は権益を守るため本人訴訟は見せしめに敗訴させる。主張は全て却下された。

最高裁判所裁判資料リンク

なにか、問題が発生時に検討して下さい。

 

栃木県精神保健福祉会(やしお会)に参加した時の活動記録リンクです。