題名:宇都宮家裁判事・調停員・書記官の判断に不平・不服不満を持つ栗原敏勝

宛先:電子政府

内閣官房 内閣法制局 内閣府 宮内庁 国家公安委員会・警察庁 総務省 法務省  文部科学省 厚生労働省

〝司法の性善説〟逆手に悪意のタッグ 弁護士&宇都宮家裁判事・調停員、DVでっち上げ不正の実態

「宇都宮家裁判事・調停員の権威で皆さんが納得する時代ではない。できる限りデータもオープンにし、チェックしてもらう。司法・法曹会も試される時代だ」

司法は本人訴訟の栗原敏勝を目隠・耳栓をし虐め抜き、国家権力の濫用でないか

 

本人訴訟の栗原敏勝を法曹会は、無視・軽蔑し司法は権益を守るために本人訴訟主張は認めず、絶対敗訴させるのか、疑問である。

 

1 宇都宮家裁判事・調停員・書記官・弁護士は処置入院を全く理解していない。

   栗原理沙は4回処置入院した。

 

   栗原理沙の処置入院は、どのような課程を経て県知事が認定していることなど、

   判決文で全く、理解されていないことである。

  人権を拘束するのであり、通常の入院と全く異なることなど、理解していない。

  判決の中で、栗原敏勝が処置入院させたことを批判しているが、栗原敏勝の意思は

  全く、関係なしに処置入院されるのです。

  

 この文章を読んだ方が処置入院を理解していなければ、信頼されない。

 

 1) 栗原敏勝は理沙が佐世保・徳勝仁弁護士の娘のような事件になる前に

  未然防止した。徳勝仁弁護士は自殺した。

 

 2) 栗原敏勝は理沙が相模原・障害者施設の入所者死傷事件と同様な事件を

  惹起する前に未然防止した。

  事件になれば、社会は対応策を考え、議論される。

  適切に事件防止行為をし、処置した栗原敏勝に対しては、

  何故に宇都宮家裁判事は

  対応処置は適切でないと判断し、判決するのか疑問である。

  

 3) 父親である栗原敏勝を理沙が包丁で殺害する行為を未然に防止した。

    検索用語:統合失調症の娘から惨殺される。

  

 4) 栗原敏勝は理沙の自殺行為を救い治療をし、未然に防止。

 

 5) 保護者である栗原敏勝が、身を挺して事件・事故防止に努め社会正義を果たしたが

    宇都宮家裁判事は、判決文で適切な対応行為でないと結論付け判断判決する。

   社会に安心と安全を齎した栗原敏勝に対して宇都宮家裁判事・調停員等は

   悪の判定を下した。

 

   6) 栗原敏勝は事件・事故を未然に防止し栗原敏勝の人生は、娘が精神疾患し、

   家庭は分解・崩壊した。

   懸命に家庭を築く為に努力したが、宇都宮家裁判事は、栗原敏勝の行為は

   適切でないと判決をした。

 

2 保護者選任申立事件の目的を全く理解していない。

 宇都宮家裁判事は判決文適切でないと判断し処置入院と同様、呆れた。

 

3 精神障害者手帳2級認定されている目的など全く理解していない。

 

 

 第3者による判決文を精査すれば、統合失調症を持つ家族は、

 誰でも知り得る事である。

 

 判決文を読んで下さい。

 栗原理沙の処置入院や保護者選任などは栗原敏勝の意思で

 申請できるものでは、ありません。

 

 死ねば認めると調停時に言われたが死んでしまえば

 訴える事は出来ず、死人に口無だ。

 それを望んでいる宇都宮家裁判事や調停員。

 宇都宮家裁は絶対に調査等には協力しない。

 宇都宮家裁は面子に掛け認ない。

 

 本人訴訟は、宇都宮家裁は密室で闇打された。

 インターネットで検索すると闇打ちされる・切り捨て御免される

 ・多くの方々から危険だと言われていましたが忠告を無視した。

 

  全く、その通りだ。

  これは法の下の平等・職業による差別でる。

 

  調停や口頭弁論の過程で電子記録を毎回、意見具申しましたが全て却下。

  口頭弁論調書も主張した内容が記録されていない部分は、毎回、

  意見書を提出。

  調停では調停員から死んだら認めて遣ると言われた。

  録音できなかった事が残念でたまらない。

 

  調停から最高裁まで争い全て敗訴。

 

  裁判は確定し、債権差押命令、平成28年(ル)第77号・平成28年(ル)第431号。

 平成23年(家ホ)第20号 離婚等反訴請求事件判決・平成27年(家)第675号

 平成25年(ル)第878号 債権差押命令

 

  判決は覆えらないが、社会正義を果たした栗原敏勝は不満不服遣りきれない。

  妻に退職金は全て使い果し、定年後に稼いだ金員は、裁判に不服であるから

  支払いに応じず、僅かばかりの金員を差押没収され、老後の生活は、出来ない。

  僅かばかりの年金があるので生活保護は受けられない。

  生活保護を受けられれば、健康保険代金や医療費が無料になるので老後の

  生活が出来る。

  宇都宮家裁は、老後は刑務所に入って生活しろと言わんばかりである。

 

  調停員や判事・書記官の判断に疑問を持ち、過去5年以上、

  継続して栗原敏勝は自力で調べた。

 

  その結果、宇都宮家裁は精神障がい者に対し偏見と差別している

  ことが判明した。

  これは、司法関係者に全て帰納する。

 

  細部については栗原敏勝で検索して下さい。

 

  家庭崩壊の原因は三女が15年前に統合失調症に疾患した事。

  他の障害者の子供を持つ夫婦は共に協力して治療しております。

 

治療方針の相違から夫婦は破綻した。

 

妻の良子は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。

意見の相違から、寝室にナイフを準備する。

裁判では性行為を拒否するためと弁論したが事実は、証拠が残らない

精神制御された人間であり、証明は極めて困難である。

カルト宗教の影響で精神制御され栗原敏勝にナイフで斬り付ける。

口頭弁論で2度も弁論している。宇都宮家裁判事は、敏勝は曲解している

と結論付けた。

判決では先祖霊の信仰は一時的としているが継続している。

 

栗原敏勝は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。

栗原良子は、オカルト宗教、占い師、祈祷師に頼り理沙の治療に専念。

この相違が、全ての要因である。

 

文章が長くなるので次の用語で検索して下さい。

 

1 検索用語:栗原敏勝

2 検索用語:宇都宮家庭裁判所 判事 間部 泰

3 検索用語:宇都宮家庭裁判所訟廷事務室(平成28年3月15日)

4 検索用語:ネットで調停や裁判を本人訴訟

5 検索用語:法律を遵守しない宇都宮家裁判事

6 検索用語:栗原敏勝 意見・要望 最高裁判所

7 検索用語:統合失調症の娘から惨殺される

8 検索用語:平成28年(ル)第77号

9 検索用語:宇都宮家裁は栃木県地方精神保健審議会

10 検索用語:受診状況書・岡本台病院診断書

11 検索用語:娘の精神障がいの治療等

12 検索用語:娘の4回処置入院経歴を公開

13 検索用語:宇都宮地方裁判所206号法廷

 

3女の娘が15年前に統合失調症を羅漢し、悪の循環。

精神障がい者を持つ家族の多くは悲劇を持って終わる。

 

妻は栗原敏勝の退職金を全て子供の為にと使い果した。

 

定年後に稼いだ老後の資金は全て、裁判所に差押没収された。

 

宇都宮家裁の判決について不服であるので支払い命令には応じない。

近い将来、家屋等も競売される。

 

娘が精神障がい者になり処置入院を繰返し、栗原敏勝は

懸命に事件・事故を未然に防止し、

社会正義を果たした栗原敏勝に対して本人訴訟であるが故に

判決は全て敗訴、到底承服できない。

 

宇都宮家裁調停員から言われた死んだら認めて遣ると

言われたが死んでも認めない。

死人に口無だ。

 

警察官による取り調べは行き過ぎと裁判官は判断し、覆すが

調停官・調停員そして判事等には、それがない。

 

裁判は名目上公開制であるが裁判所の都合によりしばしば非公開である。

 

司法関係者に処置入院等について、啓発活動が必要である。