宇都宮地方裁判所206号法廷で冤罪死刑判決

証拠採用の価値判断は、裁判官の自由心証権限(憲法第76条・法第247条)に

委ねられている。

原審の認定は,経験則又は採証法則に反するものといわざるを得ない。

自由心証主義だからといって、裁判官の恣意的な認定が許されるものではない。

経験則、論理則に反する認定は、法令違反に当たるとして上告審で破棄されること

がある。

訴訟上の因果関係の立証は、一点の疑義も許されない自然科学的証明ではなく、経験則に照らして全証拠を総合検討し、特定の事実が特定の結果発生を招来した関係を是認しうる高度の蓋然性を証明することであり、その判定は、通常人が疑いを差し挟まない程度に真実性の確信を持ちうるものであることを必要とし、かつ、それで足りるものである。

経験則違反ないし採証法則違反の違法があるとした事例」最判 h11.4.13 判時 1708.40

原審の判断には、旧民訴法 326 条の解釈適用を誤り、ひいては、審理不尽、理由不

備の違法がある。

正体隠しの宗教活動で教義等の提出資料・判例等で調査すれば、催眠商法に陥り、正常心は偏向され、通常人であれば、知り得ることであり、

第一に、高度の蓋然性をもって一定の事実を推論させるような経験則について

第二に、通常人の常識に属する経験則の適用を誤ったり、または採用すべき専門的経験則の採用を欠くなどの 誤りをした

第三に、その経験則が当該事案における原判決に影響を及ぼすか否かを判断基準とするのが相当とする見解

妻と理沙は気付かぬうちに精神コントロールされた。

私は娘の精神障がい者を治療して夫婦ともに人生を全うしたいと希望していた。

宗教指導者・祈祷師・占い師・DV支援者も全て夫が悪いと妻子を洗脳されました。

裁判所・弁護士も私が悪いと判決を下し、債権差押え預貯金・住居家屋まで抵当に入れ、

間もなく競売に附し没収される。精神障がい者の子を持つ夫婦は多くが悲劇を

持って終わる。全てに負けた。

宗教教育は4年に渡り妻と理沙は受講していた。

イスラム教も真言宗宗教も精神制御する事に代わりはない。

裁判所に提出した証拠でありますが、採用されなかった。

宇都宮家庭裁判所 家事審判官 間部 泰は宗教信教は一時的なものであると判決文し、認定しなかった。一度、信心すると人間の精神に染み込み電気のスイッチと同じ様に切り変わらない。全て私の言う事は嘘で自分の都合の良い事ばかり述べていると口頭弁論で自白したが、影響を受けている。

妻は寝室にナイフを準備したこと。ナイフで襲った事を2回に渡り認めた。

私を憤りさせる行為としては充分である。通常人であれば、注意や行為をするのは当然であると思う。

甲第 8 号証の 1 人間は馬鹿で間抜けでおっちょこちょい

 甲第 8 号証の 2 霊視教本 16~17 頁抜粋

2 甲第 9 号証の 1 ゆずり葉 宗教法人 長江寺 会報 季刊 第 83 号

 甲第 9 号証の 2 ゆずり葉 宗教法人 長江寺 会報 季刊 第 84 号

 甲第 9 号証の 3 ゆずり葉 宗教法人 長江寺 会報 季刊 第 85 号

 甲第 9 号証の 4 ゆずり葉 宗教法人 長江寺 会報 季刊 第 86 号

3 甲第 10 号証 精神病は病気ではない。

1 甲第 11 号 証 の1 及至 甲 第 11 号 証の6

長 江 寺 の お 参 り 証 拠 写 真

2 甲第 12 号 証 の1 及至 甲 第 12 号 証の 4

 理沙が 包丁で 切りつけ た自宅 の柱 や壁

3 甲第 13 号 証 陳述 書

1 甲第 14 号証の1 及至 甲第 14 号証の 2

犯 行 現 場 寝 室 ベ ッ ト と 使 用 し た ナ イ フ の 発 見 本 棚

2 甲第 15 号証の1 及至 甲第 15 号証の 2

 妻が強盗したときのナイフの鞘

高等裁判所の判決文

旨の認定判断について、理由遺脱、判断遺脱、経験則ないし採証法則違反、審理不尽があるというのであるが、同認定判断は、原判決が掲げる証拠関係に照らして正当であって、これを是認できる。論旨は、独自の見解に立って原判決を論難するものにすぎず、採用できない。なお、上告人は、事実誤認も主張するが、事実誤認は、適法な上告理由に当たらないから、同主張は失当である。 以上

精神制御された妻と理沙は教唆され計画されたDVを仕込み、写真と医師の診断書があれば、DVを私がしたと疑いも無く採用することに納得はいかない。

最終勤務場所は病院で5年間、勤務しました。平成27年9月末日で勇退しました。将来について考えることが多くなり、いくら、正常心を保っていても、感覚器官の変調は無意識の内に現れるのです。

病院勤務中、正常心を持って勤務していましたが、家庭内の問題か無意識の内に、誤りを惹起し、温度感覚や聴覚に異常を起こし、差押命令の1年前からその兆候がありました。大変、ご迷惑をお掛けしました。勇退を勧めて呉れました事務長に感謝します。自分から勇退を申し出来なかったのです。職員一同、私を庇って頂き、5年も勤務できたことに感謝しております。病院会長・理事長・院長・事務長、そして関係職員の方々、大変お世話様になりました。もっと早く退職すべきでありましたが職員の温かいおもてなしに甘えてしまいました。

宗教指導者や祈祷師・占い師に逆らえば、家庭・家族の破滅するとネットで調べると見つかりますが、その通りであった。そして、法の精神に反して宇都宮家庭裁判所判事等も加担した。娘の精神障がい者の治療を精神科病院で適切に治療の継続をしたが、妻が宗教と祈祷師による治療方針で医療による治療は全て断ち切られた。これにより夫婦関係が崩壊し始めた。精神科病院で治療を受け一定の成果があり、寛解した。しかし、妻は薬が毒であると信じこまされ服用を拒否したので娘は病状が再発し黙阿弥となった。

産経新聞社のニュース記事。【日本の議論】離婚訴訟で増えつつある「冤罪DV」から引用する。「DVは家庭という“密室”の中で行われるため証言に頼らざるを得ない部分もあるが、男性はこの判決をめぐり、「子供の利益を最優先する」と定める改正民法766条について「裁判官は立法者の意思を無視し、民法改正の趣旨を曲解して判決を下した」として名誉毀損(きそん)による国賠訴訟を起こしている。」

最終勤務場所は病院で5年間、勤務しました。平成27年9月末日で勇退しました。将来について考えることが多くなり、いくら、正常心を保っていても、感覚器官の変調は無意識の内に現れるのです。

病院勤務中、正常心を持って勤務していましたが、家庭内の問題か無意識の内に、誤りを惹起し、温度感覚や聴覚に異常を起こし、差押命令の1年前からその兆候がありました。大変、ご迷惑をお掛けしました。勇退を勧めて呉れました事務長に感謝します。自分から勇退を申し出来なかったのです。職員一同、私を庇って頂き、5年も勤務できたことに感謝しております。病院会長・理事長・院長・事務長、そして関係職員の方々、大変お世話様になりました。もっと早く退職すべきでありましたが職員の温かいおもてなしに甘えてしまいました。

宗教指導者や祈祷師・占い師に逆らえば、家庭・家族の破滅するとネットで調べると見つかりますが、その通りであった。そして、法の精神に反して宇都宮家庭裁判所判事等も加担した。娘の精神障がい者の治療を精神科病院で適切に治療の継続をしたが、妻が宗教と祈祷師による治療方針で医療による治療は全て断ち切られた。これにより夫婦関係が崩壊し始めた。精神科病院で治療を受け一定の成果があり、寛解した。しかし、妻は薬が毒であると信じこまされ服用を拒否したので娘は病状が再発し黙阿弥となった。

精神障がい者の子を持つ夫婦は社会的被害者で多くが悲劇を持って終わる。

私も例外ではない。この地球を去る日も遠くはない。預貯金を奪取され、住宅も担保にされ、競売し老後の生活資金も住む場所もない。

裁判する金員も無い。

私は社会に訴える。