ネットで調停や裁判を本人訴訟、闇打ちは本当であった。

平成24年9月18日火曜日 曇り

10時から親族問題第1回調停が調停室で実施された。

裁判官&調停官は近藤壽邦(宇都宮家裁所長 定年退官 平成26年7月30日)、

調停員は男性が小松、女性が今井であった。

今井が調停員が殺害されずに生きているのではないかと言った。

死んだら認めて遣ると言われ憤りを感じた。

しかし、記録は残っていない。

すべて、調停などの段階から可視化が必要である。

その時の裁判所書記官 大竹 幸子

宇都宮家裁から死刑判決だ。

 

他人に厳しく、自分に優しく、栃木県条例を5年間も

継続無視する宇都宮家裁判事の判決は到底、受諾できない。

条例違反を繰返す判事は法律の番人でなく不法行為判事だ。

本人訴訟では一人前と認めない裁判所。

こんな偏見と差別組織はない。

密室での裁判、電子的記録を申請しても却下し

証拠が残らないから死ねば認めて遣るとは何事か!

自暴自棄になっている。

 

下記を右クリックして”新しいウィンドウで開く”

宇都宮家裁の栃木県条例無視アンケート

地方審議会法令・条例根拠

クリックして下さい。↓↑

法律の上に胡坐をかく裁判官・判事!

裁判官・判事は襟を正せ!

基本的人権を侵害するな!

裁判官・判事は国家権力を濫用するな!

裁判官・判事は確信的欠席で条例を無視するな!

裁判官・判事は地方精神保健審議会を拒否するな!

裁判官は栃木県条例を無視するな!

裁判官は栃木県条例違背を繰返すな!

判事等はコンプライアンス充実せよ!

積極的に法令や条例以上の法律倫理・社会貢献の遵守

法律を曲解し国民・市民を馬鹿にするな!

裁判所・判事等は国家権力の濫用するな!

 

自己自浄作用機能しない裁判所組織へ

国民・県民・市民個人の声を届けて下さい。

 

趣旨に賛同される方は抗議電話をお願いします。

時間:8時30分~17時(土・日・祭日除く)

 

電話番号

宇都宮家庭裁判所

 

028-621-2111

028-333-0050

028-333-0048

平成28年4月1日金曜日 障害者差別解消法・条例記念パレードが実施されました。

その時に撮影した写真です。ご覧愚下さい。

 

 

やしお会の機関紙は、みんなねっとからダウンロード出来ます

娘に斬殺された山村新次郎を紹介します。

画像はyoutube

リンクしています。

 

クリックして下さい。

 

動画が再生します。

年男です。4月26日を迎えると満72歳になります。

今までも栃木県と宇都宮市の精神障害者の相談員として双方とも月に一回、メンバーが順繰りにしております。

毎週水曜日10時~15時まで栃木県精神保健福祉センター、

やしお会事務局でそして毎週木曜日は宇都宮市保健所2階の相談室で10時から12時まで相談に応じて居ります。